神奈川県立保土ケ谷高等学校

神奈川県立

保土ケ谷高等学校

Hodogaya High School

ホーム > 部活動紹介  > 陸上競技部


 陸上競技部

陸上競技

       
・・・ 現在の部員数 ・・・

1年生13人、2年生4人、3年生5人 計22名

・・・ 部活実績(今年度) ・・・
2019年度 県高校総体横浜地区予選 10名  県大会出場
男子800m
松平 (港南台第一中出身3年生)
  1次予選 2分03秒47  組1着
  2次予選 1分56秒95  組1着 横浜地区1位通過!県大会出場!
男子110mH
池谷 (西谷中出身3年生)
  予選 16秒75 横浜地区11位通過!県大会出場!
男子400mH
原田 (上永谷中出身2年生)
  予選 56秒05 横浜地区6位通過!県大会出場!
男子5000mW
田邊 (名瀬中出身1年生) 県大会出場!
男子砲丸投
大村 (汲沢中出身2年生) 10m02 横浜地区16位通過!県大会出場!
男子円盤投
大村 (汲沢中出身2年生) 37m99 横浜地区2位通過!県大会出場!
安西 (鶴ヶ峰中出身2年生) 35m35 横浜地区5位通過!県大会出場!
男子やり投
池谷 (西谷中出身3年生)
  予選 42秒22 横浜地区16位通過!県大会出場!
男子4×400mリレー
1走 仲間(菅田中出身1年生) 
2走 原田(上永谷中出身2年生) 
3走 松平(港南台第一中出身3年生) 
4走 池谷(西谷中出身3年生) 3分26秒70 横浜地区14位通過!県大会出場!

2019年度 横浜市大会 入賞者 4名  総合得点21点
男子400mH 3位入賞
男子800m 6位入賞
男子400mH 3位入賞
男子円盤投 優勝、5位入賞

2018年度 神奈川県高校新人 県新人 出場5名
男子円盤投 県10位
男子8種競技 県12位
男子800m  県準決勝進出
男子5000mW 県3位
関東新人大会出場(保土ケ谷高校史上初)

2018年度 横浜市大会 入賞者 6名 総合得点23点
男子5000mW 優勝
男子400m 7位入賞
男子800m 4位入賞
男子400mH 4位入賞
男子円盤投 7位、8位入賞
・・・ 環境 ・・・

本校は陸上競技をする環境が整っています。
野球、サッカー、陸上の部活動だけで使うことのできるグラウンドがあることに加え、幅広いトレーニングを可能とするウェイト場、安全性に配慮した投擲練習用のサブグラウンド、砲丸や円盤を毎日投げることができるサークルが2つ、外周約800mでアップダウンのあるコースやダッシュに最適な坂などがあります。
また、鶴ヶ峰駅から大和競技場は相鉄線で12分、三ツ沢競技場も近くにあり、競技場へのアクセスにも利便性がある環境と言えます。

・・・ 部員より ・・・

【西谷中出身3年生】
県高校新人大会 男子8種競技 4064点 第12位
僕は男子8種競技で、昨年の新人戦は12位で、惜しくも目標の入賞を逃しました。課題が明確になったので、日々努力して、今年の総体では県大会入賞目指します。
 
【上永谷中出身2年生】
100m 11秒40 200m 23秒11 男子400m 51秒08
横浜市大会 男子400m 51秒25 7位入賞 男子400mH 55秒17 3位入賞
  高校に入って、100m、200m、400mすべてで自己ベストを更新することができました。最初は400mが56秒だったのですが、体力、筋力もついて、長い距離に自信がついてきました。今年は、400m、400mHで記録を伸ばして、関東大会、インターハイを目指して頑張ります。

【鶴ケ峯中出身2年生】
県高校新人大会 男子円盤投 30m94cm 第10位
横浜市大会 男子円盤投 35m35m 第5位
 中学までは、短距離だったのですが、高校から円盤投を始めました。顧問の先生に、基本を丁寧に教えて頂き、様々な学校との練習を通して、自己ベストを更新し、入賞まであと少しというところまで来ることができてよかったです。今年は今より記録伸ばして、より上の順位を目指します。

【汲沢中出身2年生】
横浜市大会 男子円盤投 37m70m 優勝



・・・ 部長より ・・・

4月に顧問の先生が来てチームの雰囲気は大きく変わりました。
顧問の先生は今でも現役のランナーで、3000mは今でも8分台で走れる先生です。
先生は中長距離に限らず、短距離、跳躍、投擲、すべての競技を丁寧に指導してくれています。
元気よく活気のある部活動で、陸上競技を本気でやりたい生徒には最高の環境です。
一緒に、保土ケ谷高校陸上部の歴史を作りましょう!!

・・・ 活動目標 ・・・

全員県大会、関東大会、インターハイ出場!


陸上競技を通して、よりよい人間的な成長を目指す!


・・・ 顧問より ・・・

保土ケ谷高校陸上部は高い目標を掲げ努力することで、人としての成長を目指しています。
ぜひ、陸上競技を本気でやりたい生徒は,ぜひ保土ケ谷高校に来て陸上をやりましょう!
生徒のために、精一杯頑張ります!

・・・ 顧問略歴 ・・・

2018年4月から保土ケ谷高校に赴任。
前任校大和高校では5年間の中で、関東大会出場、ジュニア選抜大会、インターハイ出場を果たした。(800m1分54秒、1500m3分57秒の選手の育成、2016年度神奈川県の高校3年生でランキングトップ)。
神奈川県高体連強化部では中距離選手の育成に携わっている。
また顧問自身も走ることができ、3000mSC関東選手権6年連続出場。
ペースメイクのため、生徒と一緒に走る指導も可能としている。

・・・ 写真 ・・・

保土ケ谷高校は、砲丸・円盤を毎日安全に投げることができる環境があります。
また、競技場と同じ環境で毎日投げられること、ウェイト場もあり、投擲の選手が伸びる環境が整っています。
円盤投げを高校で始めた1年生2人とも横浜市で入賞し、今年の総体では、県大会上位、関東大会を目指せる状況になっています。
陸上競技 陸上競技
   
・・・ ニュース ・・・
2019年 5月 陸上競技部 結果報告②
2019年 5月 陸上競技部 結果報告①
2019年 4月 陸上競技部 結果報告 
混成記録会でベスト更新、多くの中学生が練習参加
横浜市大会
関東大会出場!
県高校新人大会1
合同合宿
2018年度横浜地区高体連陸上競技選手権

↑ページの先頭へ戻る