神奈川県立保土ケ谷高等学校

神奈川県立

保土ケ谷高等学校

Hodogaya High School

国際理解教育

国際理解

目的

自国の文化とは異なる様々な文化を知ることをとおして、他者理解やコミュニケーション能力を育むとともに、自国の文化への理解を深めながら、自己の在り方生き方を考える。

内容

青年海外協力隊元隊員・元シニア海外ボランティアとの交流会

JICA_1 JICA_2

青年海外協力隊の元隊員・シニア海外ボランティアの方の実践及び経験を聞くことにより、発展途上国の現状を理解し、国際化時代に一人ひとりがどのように対応したらよいかを考えます。

海外からの留学生との交流会

留学生_1 留学生_2

ベルギー・ブラジル・イタリア・中国・ロシアなど世界各国からの留学生との交流を通じて、世界の現状への理解を深めるとともに、国際化時代に生徒一人ひとりがどのように対応していったらよいかを考えます。

第2外国語

第2外国語_1 第2外国語_2

本校の自由選択科目には第2外国語が設置されています。スペイン語・フランス語・中国語・ドイツ語の全4カ国語から選択できます。

第2外国語について

第2外国語って??

 広義には、外国語の中で最も優先的に身に付ける言語を「第1外国語」、その他の必要に応じて身に付ける外国語を「第2外国語」として扱います。どの言語を第1外国語として扱うかは、その国や地域の教育機関などによって様々です。
 保土ケ谷高校では、「英語」を第1外国語として必修科目に、「スペイン語・フランス語・中国語・ドイツ語」を第2外国語として自由選択科目に設置しています。

保土ケ谷高校の第2外国語!!

 保土ケ谷高校は昭和54年の開校当初からフランス語と中国語を教育課程に設置しており、平成4年にはスペイン語、平成12年にはドイツ語を加えて現在は全4カ国語から選択できるようになっています。
 少人数制・ティームティーチング等の学習体制で、一からでも始められる分かりやすい授業を目指します。
 さて、今回の特集ではこの第2外国語を選択し履修した本校生徒たちの声をお届けします!

スペイン語

スペイン語授業風景1 スペイン語授業風景2

 スペイン語の授業では、単語や初歩的な文法・日常会話を学びます。授業内ではスペイン語のニックネーム(カルメンやアントニオなど)をつけてやりとりを行うなど、楽しい雰囲気で学習に取り組みます。
 ちなみに上左画像の生徒はピラールさんです。

授業の感想は?

  • 世界の20ヶ国で話されているスペイン語を学ぶことができ将来に役立つ勉強ができました。(2年生)
  • 少人数なのでレッスンが受けやすい。とても身について授業も楽しいのでやりがいがあります。(2年生)
  • 英語と違って女性名詞、男性名詞があったり、主語によって動詞の形が変わったりして難しかったけど、発音し易くて凄く楽しかった。(2年生)
  • けっこうまじめに勉強していることにびっくりしました。もっと楽しく文化(楽しむ)感じなのかと思ったらぜんぜんちがって、最初はついていくことに必死でした。でも、慣れてきたら、けっこう楽しく感じました。(2年生)
  • 授業が分かりやすく、基本的な会話や数の数え方等は覚えられました。ビデオなどを取り入れていたので、より楽しかったです。(2年生)
  • 国際理解をやってスペイン語で話す機会が多くて発音とか学べて書き方も覚えて、よかったです。第2外国語は社会に役立つと思うのでこのまま続けたらいいと思います。そして、日本と違うことがいっぱい見つけられたからよかったです。(2年生)
  • 2年間授業を受け、とても楽しかった。単語の意味やちょっとした日常会話がわかるようになり外国へもっと興味が持てた。なかなか個人で外国語の勉強をしたいと思っても今一歩挑戦できずにいたけど、授業の一環としてだったし、基礎からていねいに教えて下さったのでよかった。(3年生)

今後について・授業への要望など

  • スペイン語をもう少し話せる力をつけたいです。(2年生)
  • 期間が短いので集中して授業を受けようと思います。(2年生)
  • 他の授業と同様に落ち着いて授業を受けたいと思った。(2年生)
  • スペインの人々がどんな生活をしているのかがとても気になります。(2年生)
  • スペインとかスペイン語を話す国の文化とかそういうのを知りたいなと思いました。(2年生)

フランス語

フランス語授業風1 フランス語授業風2

 フランス語の授業では、単語や初歩的な文法・日常会話を学びます。ときにはゲーム形式にしたり民謡や映画などの文化に触れることで、フランス語を身近にとらえ分かりやすく授業を進めます。
 自由選択科目の中でも特にフランス語は難易度が高く希望者も多いため、1クラスに講師が2人つくティームティーチングを実践しています(うち一人はフランス人講師)。

授業の感想は?

  • 知らない言葉を学べて嬉しいし楽しい。国の歴史についてもふれていきたいと思う。もっと深く学んで、ある程度しゃべれるようになり、旅行に行ったさいに会話のやりとりをしたいからもっとがんばって勉強する。(2年生)
  • 今までフランス語をあまり知らなかったからいろんなことを知れて良かったです。後、フランス映画を見れて良かったです。(2年生)
  • とりあえず映画に感動した。テストもボチボチがんばった。(2年生)
  • 映画が楽しかった。また観たい。ビンゴも楽しかった。遊びながら学ぶのは楽しい。(2年生)
  • 違う国によってやはり読み方とか、それでいて発音しない所とかもあってむずかしかった。数字の数え方とかも難しかった。(2年生)
  • 3年生と一緒の授業だったけど学年とか気にせずできて楽しかった。外国語だし、そんなにかたくないかんじだから授業がつらくなかった。(2年生)
  • フランス人の先生が教えてくれるという事に驚きました。でも正しい発音とかを間近で聞くことができるのは重要だと思いました。文法とかがけっこう難しくてなかなか覚えるのに苦労しました。言語を覚えるのは大変だということがわかりました。(2年生)
  • 3年の自選で初めてフランス語をとり、ついていけるのか心配でしたが、先生は2人いたし、たくさん話しかけてくださったのでとても分りやすかったです。何より、本物の発音を聞き、マネすることができる環境で勉強できたので筆記とリスニングの両方を同時に学べよかったです。(3年生)
  • フランス人の講師の方が教えてくれたのでネイティブな発音などを聞くことが出来、大変良い経験になりました。映画が楽しかった。(2年生)
  • 第2外国語を通じて言葉の難しさやその国のことがいろいろ分ってすごく勉強になった。(3年生)

今後について・授業への要望など

  • 少しでも単語とか覚えられたらいいなと思います。(2年生)
  • 知らないことをたくさん知っていきたい。単語などを少しずつ覚えておきたい。(2年生)
  • ある程度話せるようになりたい。(2年生)
  • 数字をちゃんと覚える。基本の文を覚える。(2年生)
  • 文を書いたりするのもいいけど話す言葉などをもっとおぼえていきたい。(2年生)
  • フランス語の勉強をいかして、これから、フランス行きます。ジダンとアンリと話します。授業はこのままの感じがベストだと思います。(3年生)
  • 外国に行く機会があったら今回の体験をいかしていければいいと思っています。(3年生)
  • フランスの料理を作ってみたい。(3年生)

中国語

中国語授業風景1 中国語授業風景2

 中国語の授業は、発音の基礎「四声」・読み書きの基礎「簡体字」を繰り返し練習し、授業内でのやりとりを中国語で行うなどまず慣れることから始まります。また、日常会話の練習では自己紹介から始め挨拶や簡単な会話などができるように練習します。
 生徒からは「中国に行った時に使い、少し通じた。」「アルバイト先で使ってみた。」などの話もあり、日常生活でも意欲的に使っているようです。

授業の感想は?

  • 教科書に書いてあることだけでなく、中国についてのいろんな話をしてくれるので、すごく面白いです。(2年生)
  • 中国の一般家庭の話とか聞けて面白かったです。授業もにぎやかで楽しかったです。(2年生)
  • 基本をちゃんと理解できた。(2年生)
  • 中国の文化にふれられて楽しかった。(2年生)
  • 授業中に中国の文化や食生活についてのことを聞く機会もあり、とてもよい授業でした。また中国語の独特な発音も興味ありました。(2年生)
  • すごく楽しかったし、実際に会話のときに役立てられました。(2年生)
  • 毎回の授業がとても楽しみになっている。この中国語選択を選んでよかったと思う。(2年生)
  • 授業は教科書に載っているものだけでなく、いろいろな日常のことも教えてもらってよかった。リスニングもみんなでまじめにして、中国語を話すのはとてもおもしろかった。(2年生)
  • 最初はむずかしいかなと思ったけれど意外とできました。(3年生)
  • 中国語の意味や文法はもちろん、中国語についての様々な知識を得ることが出来てよかったです。人数があまり多くなかったので適度にリラックスした状態で授業が受けられたのも楽しかったです。(3年生)
  • 基礎から勉強できて良かった。初心者でも楽しく勉強が出来ると思った。(3年生)

今後について・授業への要望など

  • 家でも教科書読んだりしてもっと勉強したいです。(2年生)
  • もう少し単語を覚えていきたいです。(2年生)
  • 第2外国語は来年はとらなかったけれど、授業じゃなくても続けていきたいと思いました。(3年生)
  • 中国語は元々興味があって選択したのでこれからも自分で色々調べたり勉強もしてみたいと思います。(3年生)
  • もう少し話せるようになりたい。(3年生)

ドイツ語

ドイツ語授業風1 ドイツ語授業風2

 ドイツ語の授業では、文法や日常会話の基礎を学びます。ドイツ語は英語と似ていることから英語と比較しながら授業をしたり、ときには映画や歌曲などを鑑賞することで本場の発音や言葉の微妙なニュアンスなどへの理解を深めます。
 ちなみによく「ドイツ人は旅行好き」といわれますがその通りで(?)、世界各国の観光地で「英語は通じないけどドイツ語なら通じる」という場所はかなりあるようです(歴史的背景が関係していたりもしますが)。ドイツ語講師の先生によると「東ヨーロッパではどの地域でもほぼ通じる。」とのことです。

授業の感想は?

  • 今まで思っていたドイツ語と、実際のドイツ語の授業はぜんぜん違ってとても深かった。(2年生)
  • 最初に1年生の時に思っていたドイツ語のイメージと比べ、始めてみたらとてもおもしろくて、英語と似ているなあと思いました。先生がおもしろくて楽しく授業が受けられました。特に興味がもてたのは、日本語のうたをドイツ語になおしたやつです。(2年生)
  • 少人数で受けることが出来たので、分からない所は先生に直接、聞くことが出来たので分らない所が分らないままにならないというのがよかったです。(2年生)
  • 外国のことについて、前よりも興味を持てるようになりました。楽しく学べると思います。(2年生)
  • 先生とみんなでドイツ語を楽しくまなべてよかったです。残りの3学期の授業も楽しくやっていきたいです。(2年生)
  • 意外といけるなと思っていたけどいけなかった。(2年生)
  • 先生がわかりやすく説明してくれるので分りやすい。ペースも自分たちに合わせてくれるので良い。(2年生)
  • とても興味がもてて、楽しい授業だった。(3年生)
  • 言葉だけでなく、その国の文化等も楽しみながら学ぶことが出来て、とても面白かった。(3年生)

今後について・授業への要望など

  • 大学でも中国語はあるので努力していきたい。授業はとても楽しく、集中できたのでとくにありません。(2年生)
  • これからも、楽しくドイツ語を学んでいきたいです。(2年生)
  • 一つ一つの単語の発音とつづりをしっかりおぼえていきたい。(2年生)
  • やっぱり明日だけが未来じゃないんで、いつか役に立つときがくると思うんで、普通に話せるくらいになりたいと思います。(2年生)
  • また、機会があったらやりたい。(3年生)